株主優待

超低金利時代の今、現金を銀行に預けていても利息はほんのわずかで資産はまったく増えていきません。多少余裕資金がある人が積極的に行う資産運用の一つが株への投資でしょう。安いときに買って高いときに売る。株の売買の基本ですが、特に一般人にはなかなかそのタイミングがわかりません。そんな人には売買益を出すための積極運用とは違って、中長期で株を保有して定期的に配当金を受け取るという運用方法もあります。このとき配当金を受け取りに加えてさらにお楽しみ感をアップしてくれるのが株主優待です。たとえば食品を製造販売する企業は優待として保有株数に応じた自社製品を自宅まで送ってくれることがあります。自炊をする人や主婦の方にはとても人気です。また、自社製品ではなくとも、企業によっては商品券や図書券、クオカードなどの金券を優待商品としているところもあります。雑誌などでそういった優待情報を特集している号も出ていたり、企業情報をまとめて見ることができる会社四季報にもそういった情報が出ているので、会社の経営状況を調べながら希望の優待品を見つけるのも楽しいでしょう。株といっても怖いものではなく、好きな企業を応援するつもりで投資を行い、優待品ももらえたら嬉しいですね。

コメントは受け付けていません。