3つの余裕

株式投資において、十分な成果を得るためには3つの余裕を持つことが大事です。3つの余裕の一つ目には資金の余裕があります。株式投資に回せる資金は、普段生活していく資金とは切り離されている必要が出てきます。そうでないと、株式投資で冷静な判断ができなくなってしまう恐れがあるからです。よって、株式投資に使う資金は、余裕資金から捻出できる分だけを投資することが重要となります。3つの余裕の二つ目には時間の余裕があります。株式市場というのは短期的に大きく下落してしまうことが起きますが、長期で見れば大した動きではなかったということが起きます。そのため、株式投資では長く待てる時間的な余裕が必要となります。また、株式投資では個別銘柄を詳しく調べるなどの勉強を行うことが大事です。そうした地道な勉強をしていくためにも、時間的な余裕が必要であると言えます。3つの余裕三つめには心の余裕があります。株式市場では数か月に一度など、株価が急落する時が起こります。そこで、心に余裕がないと保有銘柄を投げてしまう場合が出てきます。しかし、往々にして株価が急落する局面では、そこが下値だったということが多くなっています。そのため、株価が急落する局面でも我慢ができる心的余裕があれば、狼狽売りを防ぐことが可能です。

コメントは受け付けていません。